読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つばろぐ

福岡のエンジニアによる技術的な備忘録です。

Azure Functionsの情報コピー機能がとても使いづらいから Issueを出してみた

Azure Functions

ふと思い立って、Azure Functionsのドキュメントを読みながら使ってみました。
ドキュメントに沿って進めた上で、おそらく不具合と思われる部分がありましたので、Issueを出してみました。

FacebookのJAZUG(Japan Azure Users Group)ページでフィードバック方法を教えて頂きました。ありがとうございます。

Azure Functions

Azure Functionsとは、サーバーレスな環境でコードを実行できるMicrosoft Azure上のサービスです。
似たようなサービスで、AWS Lambdaがあります。

azure.microsoft.com

プレビューリリースされた時にちょろっと使って以来、放置していましたが、復習がてらドキュメントを読みながら使ってみました。

azure.microsoft.com

Azure Functionsのトリガー

Azure Functionsは実行トリガーとして下記が提供されています。

  • cronライクなタイマー
  • HTTPやWebhook
  • Azureの他サービスとの連携(Event Hubsなど)

azure.microsoft.com

Github Webhookのサンプルを試してみた

azure.microsoft.com

このドキュメントではGithubのWebhookをトリガーとして、Azure Functionsを実行するというサンプルが紹介されています。

  1. Azure Functionsのアプリケーションを作成する。
  2. GitHub Webhookの新しい関数を作成する。
  3. 2の関数のURLとシークレットキーをコピーしておく。
  4. GitHubリポジトリに、Issueにコメントが投稿された際に動作するWebhookを作成し、3を貼り付ける。
  5. 4のリポジトリにIssueを作成し、コメントを投稿する。
  6. 5をトリガーとしてAzure Functionsが動作する。

ざっくりこのような手順ですが、なぜかWebhookが動作しません。
どうやらWebhookの疎通テストに失敗しているもよう。

f:id:tech-tsubaki:20161009120852j:plain

問題は3のコピー機能

関数のURLとシークレットキーをコピーしておく。

この操作を行った際、私はAzure Functionsのポータル画面のコピーボタンでコピーしました。

f:id:tech-tsubaki:20161009121218j:plain

コピーボタンでコピーされたURLやシークレットキーをテキストエディタに貼り付けてみると、余計な改行が含まれていました。


5pexxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

シークレットキーの文字列の前に2つの改行、後ろに1つの改行が含まれています。
このままGitHubに貼り付けていたため、本来のシークレットキーと異なってしまい、疎通を行うことができませんでした。

改行を取り除いてあげればGitHubからAzure Functionsへの疎通も行われるようになりました。

f:id:tech-tsubaki:20161009121838j:plain

まぁ、余計な改行が含まれるのはおそらく不具合でしょうから、上記の内容をIssueとして出してみました。初めてのIssueです。

github.com