つばろぐ

福岡のエンジニアによる技術的な備忘録です。

Dockerを使ってJenkinsを起動する方法

JenkinsはDockerhubの公式イメージとして提供されています。

https://hub.docker.com/r/_/jenkins/

とりあえずJenkinsを起動したい場合のコマンド

docker run -p 8080:8080 -p 50000:50000 jenkins

ポートの役割

8080 : Jenkinsのポータルにアクセスするためのポート
50000 : Jenkinsのスレーブにアクセスするためのポート

注意

このコマンドで起動したJenkinsコンテナを破棄すると、Jenkinsの各種設定も破棄されてしまいます。

Jenkinsの設定を残しておきたい場合のコマンド

docker run -p 8080:8080 -p 50000:50000 -v /your/home:/var/jenkins_home jenkins

-vオプションで設定の保存先のディレクトリを指定しましょう。
すると指定したディレクトリに設定ファイルが保存されます。

$ ls -al
total 94
drwxr-xr-x 1 tsubaki 197609    0 8月  12 05:22 .
drwxr-xr-x 1 tsubaki 197609    0 8月  12 05:05 ..
drwxr-xr-x 1 tsubaki 197609    0 8月  12 05:21 .groovy
drwxr-xr-x 1 tsubaki 197609    0 8月  12 05:10 .java
-rw-r--r-- 1 tsubaki 197609 1592 8月  12 05:10 config.xml
-rw-r--r-- 1 tsubaki 197609  102 8月  12 05:10 copy_reference_file.log
-rw-r--r-- 1 tsubaki 197609  159 8月  12 05:10 hudson.model.UpdateCenter.xml
-rw-r--r-- 1 tsubaki 197609  370 8月  12 05:20 hudson.plugins.git.GitTool.xml
-rw-r--r-- 1 tsubaki 197609 1712 8月  12 05:10 identity.key.enc
drwxr-xr-x 1 tsubaki 197609    0 8月  12 05:10 init.groovy.d
-rw-r--r-- 1 tsubaki 197609   94 8月  12 05:10 jenkins.CLI.xml
-rw-r--r-- 1 tsubaki 197609    6 8月  12 05:10 jenkins.install.UpgradeWizard.state
drwxr-xr-x 1 tsubaki 197609    0 8月  12 05:10 jobs
drwxr-xr-x 1 tsubaki 197609    0 8月  12 05:10 logs
-rw-r--r-- 1 tsubaki 197609  907 8月  12 05:10 nodeMonitors.xml
drwxr-xr-x 1 tsubaki 197609    0 8月  12 05:10 nodes
drwxr-xr-x 1 tsubaki 197609    0 8月  12 05:22 plugins
-rw-r--r-- 1 tsubaki 197609   64 8月  12 05:10 secret.key
-rw-r--r-- 1 tsubaki 197609    0 8月  12 05:10 secret.key.not-so-secret
drwxr-xr-x 1 tsubaki 197609    0 8月  12 05:10 secrets
drwxr-xr-x 1 tsubaki 197609    0 8月  12 05:19 updates
drwxr-xr-x 1 tsubaki 197609    0 8月  12 05:10 userContent
drwxr-xr-x 1 tsubaki 197609    0 8月  12 05:10 users
drwxr-xr-x 1 tsubaki 197609    0 8月  12 05:10 war
drwxr-xr-x 1 tsubaki 197609    0 8月  12 05:21 workflow-libs

設定を保存しておけば、Jenkinsコンテナを破棄して作り直しても、設定を引き継いでくれます。

Jenkinsのセットアップ

http://JenkinsコンテナのIPアドレス:8080 でJenkinsのポータルにアクセスできます。
今回指定したバージョンは、記事執筆時点のlatest(2.60.2)です。
初期画面が私の知ってるJenkinsではなかった…。

f:id:tech-tsubaki:20170812060652j:plain

この画面ではJenkinsの初期管理パスワードを入力するようです。
画面に表示されたファイルにパスワードが記載されているので、コピーして入力しましょう。

また先のコマンドを使って起動した場合、コンソールにパスワードが表示されるので、それをコピーしても構いません。

*************************************************************
*************************************************************
*************************************************************

Jenkins initial setup is required. An admin user has been created and a password generated.
Please use the following password to proceed to installation:

(ここに初期管理パスワードが表示される)

This may also be found at: /var/jenkins_home/secrets/initialAdminPassword

*************************************************************
*************************************************************
*************************************************************

また、インストール時にプラグインが選べるようになりました。

f:id:tech-tsubaki:20170812061106j:plain

f:id:tech-tsubaki:20170812062022j:plain

管理者を作成してセットアップ完了です。

f:id:tech-tsubaki:20170812062259j:plain