つばろぐ

福岡のエンジニアによる技術的な備忘録です。

Visual Studio 2017でAzure Logic Appsをデザインする方法

この記事はVisual Studio Advent Calendar 2017 - Qiitaの18日目の記事です。


弊社のLogicApps先生に試してみてと言われたので試してみました。


Azure Logic AppsとはIFTTTのようなサービスで、Azureやサードパーティ製のサービス間におけるデータや処理を連携することができるサービスです。

azure.microsoft.com

LogicAppsは通常、Azureのポータルを使ってGUIでパイプラインを作ることができます。
ただそういった作業をAzureポータルで行うのは嫌なので、ちゃんとした開発ツールで行いたいものです。(サイトが重いから)

Azureポータルの代わりにVisual Studio 2017を使ってLogicAppsを扱うことができるようだったので試してみました。
ただしLogicAppsの新規作成はできず、作成済みのLogicAppsに対する変更のみ行うことができます。

セットアップ

Azure開発のワークロードをインストールしたVS2017を起動します。
そして「Cloud Explorer」を表示し、変更したいLogicAppsを選択し「Logic App Editorで開く」をクリックします。

f:id:tech-tsubaki:20171217105237j:plain

すると「Azure Logic App Tools for Visual Studioが見つかりません。拡張機能をダウンロードしてインストールしてください」とエラーが表示されるので、ここと書かれたリンクをクリックします。

f:id:tech-tsubaki:20171217105238j:plain

[Azure Logic Apps Tools for Visual Studio 2017]のダウンロードページはこちら。
こちらからインストーラーをダウンロードして、拡張機能をインストールします。

marketplace.visualstudio.com

拡張機能のインストール後にVisual Studioを再起動し、再度「Logic App Editorで開く」をクリックするとLogicAppsが表示されます。

f:id:tech-tsubaki:20171217105242j:plain

できること

Logic Appsワークフローの編集

f:id:tech-tsubaki:20171217105243j:plain

ワークフローにアクションやトリガーを追加することができます。
ビューは2種類用意されています。
デザインビューはこれまで説明した画面ですね。コードビューにはLogic Appsを構成しているJSONが表示されます。

実行履歴の確認

実行したワークフローの一覧と詳細を確認することができます。 f:id:tech-tsubaki:20171217105245j:plain f:id:tech-tsubaki:20171217105246j:plain

リソースの状態操作

  • 有効化
  • 無効化
  • 削除