つばろぐ

福岡のエンジニアによる技術的な備忘録です。

SQL Server Management Studio v17.3の日本語版がインストールできなかった問題が解決した

先日、SQL Server Management Studio (SSMS) v17.3をインストールしたけど日本語版ではなく、再インストールしても英語版のままだった記事を投稿しました。

tsubalog.hatenablog.com

SSMSの完全なアンインストール方法を調べていたら、以下のフォーラムの方法で解決したので共有しておく。

How to change interface language in SQL Server Management Studio 17.2

やったこと

Microsoft Visual Studio 2015 Shell (Isolated)のアンインストール

何に使われているかよく分からないが、Microsoft Visual Studio 2015 Shell (Isolated)をアンインストールしろとあったので、とりあえずアンインストールしました。
私のPCはWindows10なので、アンインストールはアプリと機能の設定画面から行った。

f:id:tech-tsubaki:20180101111936p:plain

PC再起動

フォーラムには記載が無かったが、とりあえずこういったアンインストールのあとはPCを再起動しとく。

SSMSの修復

最後にSSMSを修復しろとあるが、アプリと機能の設定画面にあるインストール済みのSSMSから修復すると、また英語版になりそうな気がしたのでSSMSの日本語版のインストーラから修復を行いました。
インストーラSSMS-Setup-JPN.exeというファイル名です。

f:id:tech-tsubaki:20180101112330p:plain

PC再起動

とりあえずPC再起動しとけという風潮。

治った

f:id:tech-tsubaki:20180101112522p:plain

きちんと日本語版のSSMSが起動するようになりました。良かった良かった。

アンインストールした Microsoft Visual Studio 2015 Shell (Isolated) も再びインストールされているようなので、問題はなさそうだけど経過観察しておこう。