読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つばろぐ

福岡のエンジニアによる技術的な備忘録です。

Notepad++でMarkdown文書を書きやすくする方法

Notepad++ Markdown

f:id:tech-tsubaki:20140517214323p:plain

最近、メモ程度の文書でもMarkdownで書くようになりました。簡単に体裁を整えられるのでとても便利ですね。
Markdownを書く際、Notepad++を使用しています。
しかしNotepad++にはMarkdown文書をハイライトしてくれません。 そこで今回はNotepad++でMarkdown文書をハイライトする方法を紹介します。

Notepad++のハイライト機能とは?

表示しているファイルの拡張子をもとに、各言語のキーワードやコメントを色分けし、可読性を上げる機能です。
例えばC#ファイルでは、ifキーワードは青色、コメントは緑色の文字色で表示されます。

f:id:tech-tsubaki:20140517214322j:plain

Notepad++に限らず、多くのテキストエディタにはこのようなハイライト機能が備わっています。

Notepad++にスタイルをダウンロードする

Notepad++のMarkdown用スタイル下記サイトからダウンロードします。
markdown_npp
画面右下のDownload ZIPというボタンを押すとダウンロードが始まります。

ダウンロードしたスタイルをNotepad++に適用する

手順はいたって簡単です。

  • 先程ダウンロードしたzipファイルを展開します。
  • 展開したフォルダの中の~_themeフォルダにスタイルが入っています。
  • そのフォルダの中のuserDefineLang.xmlファイルを、Notepad++のインストールフォルダにコピーします。
  • 既にNotepad++のインストールフォルダにuserDefineLang.xmlファイルがある場合は、~_themeフォルダのuserDefineLang.xmlファイルの内容をコピーします。
  • Notepad++を再起動すると、Markdownのスタイルが適用されます。

イメージがこちら。
f:id:tech-tsubaki:20140517214324j:plain