つばろぐ

福岡のエンジニアによる技術的な備忘録です。

GitLabで.NET Coreアプリケーションの継続的インテグレーションを行う

2018年2月23日(金)にFukuoka.NET #9を開催しました。参加して頂きました皆様、誠にありがとうございました。

fukuten.connpass.com

今回のふくてんでは、GitLabで.NET Coreアプリケーションの継続的インテグレーションを行う方法についてのセッションを行いました。
この記事では登壇内容について、解説と補足をしたいなと思います。

セッションスライド

セッションの内容だけ確認したい人はこちらをどうぞ。

www.slideshare.net

概要

GitホスティングサービスであるGitLabには、IssueやWikiの他、CI/CDやContainer Registryも備わっているため、GitLab単体でだいたい必要な機能が揃います。

GitLabのCI/CDの仕組み

  • パイプライン定義はYAMLで記述する。
  • パイプライン内の各ジョブはDockerコンテナで実行される。
  • リポジトリ内に.gitlab-ci.ymlがあれば、プッシュした際に自動実行される。

.NET Coreアプリケーションをビルドしてみる

リポジトリのファイル構成

コンソールアプリケーション

単純に「Hello World!」と出力するアプリケーションです。

単体テスト

簡単なクラスとxUnitの単体テストコードを用意します。

Dockerfile

gist9f660b4f6fd093133376042a5ba408f6

.gitlab-ci.yml

正しくビルド、テスト、コンテナイメージの登録ができているYAMLファイルはこちらになります。

GitLabで.NET Coreアプリケーションの継続的インテグレーションを行う

苦戦したこと

ビルドやテストはdotnetコマンドを使って処理させるだけなので、さほど難しいことはありませんでした。
ただ今回は.NET Coreのアプリケーションをコンテナイメージ化して、GitLabのContainer Registryに登録することをゴールにしていました。

GitLabのContainer Registryへの登録にはこちらのドキュメントを参考にしました。

gitlab.com

しかし何度試しても下記のエラーが起き、パイプラインに失敗しました。(ユーザー名とパスワードは加工しています)
理由としてはdockerコマンドが見つからないという原因です。

$ docker login registry.example.com -u {user} -p {password}
/bin/bash: line 62: docker: command not found
ERROR: Job failed: exit code 1

解決策

同僚でありGitLabに詳しい@morita92hiroに大事なポイントを教えてもらいました。
Container Registryに登録するジョブのブロックにてimage: docker:latestを記述し、Dockerを使うと定義しなければならないようでした。
その部分のジョブの定義だけ抜粋するとこちらになります。

job3:
  stage: push
  image: docker:latest
  before_script:
    - docker login -u "$CI_REGISTRY_USER" -p "$CI_REGISTRY_PASSWORD" $CI_REGISTRY
  script:
    - cd src
    - docker build --pull -t "$CI_REGISTRY_IMAGE" .
    - docker push "$CI_REGISTRY_IMAGE"
  only:
    - master

感想

ある程度、シェルスクリプトYAMLファイルが扱えるような人は、GitLabのCI/CDは使いやすいんじゃないでしょうか。
アプリケーションエンジニアな私としてはちょっと難しいので、Visual Studio Team Servicesを使ってGUIでパイプラインを構築するほうがやりやすいなと感じました。