つばろぐ

福岡のエンジニアによる技術的な備忘録です。

Firefoxでdocs.microsoft.comが読みやすくなるアドオン「Redirector」が便利だった

昔、Google ChromeMSDNのドキュメントが読みやすくなる拡張機能を紹介しました。

tsubalog.hatenablog.com

Microsoftの技術ドキュメントは多言語対応されており、日本語で読むことができます。
たとえばdotnetのドキュメントは英語と日本語で読むことができます。

英語
.NET Documentation | Microsoft Docs

日本語
.NET ドキュメント | Microsoft Docs

ググったときに英語のほうのドキュメントが結果に載ることもよくありますが、すんなり読めるのは日本語のほうなので、URLを書換えて日本語ページに切り替えていました。

Chromeをメインで使ってた時期は前述の拡張機能でURLの書換え(=言語切替)ができていましたが、Firefoxでは相当するアドオンが見つからず手動での切り替えでドキュメントを読んでいました。

ところが先日「Redirector」というアドオンを見つけ、Firefoxでも自動での言語切替ができるようになりました。

addons.mozilla.org

要するにURLを書換えてリダイレクトしてくれるアドオンになります。 docs.microsoft.comの言語設定はURLで規則的に設定できるので、その部分を書き換えれば別の言語のドキュメントを表示することができます。

f:id:tech-tsubaki:20170503004518j:plain

上の画像では https://docs.microsoft.com/en-us/ へのアクセスに対して https://docs.microsoft.com/ja-jp/ にリダイレクトするような設定になっています。
これで英語版のドキュメントを開いても自動で日本語に訳されたページを表示することができます。

英語版を読みたい時にアイコンから設定を無効にしてあげればよいです。