つばろぐ

福岡のエンジニアによる技術的な備忘録です。

プログラミング生放送勉強会 第37回@福岡 に参加&登壇しました

先日、プログラミング生放送勉強会が福岡で開催され、登壇してきました。忘れないうちに感想をまとめておきます。
福岡ではおよそ一年ぶりの開催となりました。
またプログラミング生放送勉強会はニコニコ生放送で配信されており、タイムシフト視聴可能となっています。

atnd.org

live.nicovideo.jp


私も登壇しました

プロ生勉強会の開催が決まった際に、福岡側の主催者にお願いし、登壇させて頂くことになりました。
今回のプロ生勉強会は約30名の参加者になり、私自身これだけ多くの方の前で話すことは初めてでした。

Visual Studioの機能を使ってソースコードの品質を保つ方法の紹介と、Jenkinsを使って継続的インテグレーションにつなげてみようという内容で発表しました。
スライドは公開していますので興味のある方はご覧下さい。

他の参加レポート

こちらの参加レポートがとても分かりやすいです!勉強会から懇親会まで紹介されています。

blog.cvc-lab.com

登壇してみた感想

各セッションの内容がとても濃く、とても有意義な一日となりました。LTも勢いやスライドセンスに感心しきったり。
ディープラーニングのセッションは、難しい内容でしたが数字を使って説明されており、とても分かりやすいなーと思いました。見習いたい。

さて自分のセッションについてですが、とにかくとても緊張しました。
なんとかなるだろーと思っていても、やっぱり緊張はするもの。場数をこなすに限るでしょうね。

理由は準備不足。どう表現すればVisual StudioやJenkinsを知らない方にも伝わるか、どのようにデモを行えば端的に伝わるか。
Visual StudioのIntelliTraceと診断ツールのデモがうまくいかなかったのは反省点。
デモに潜む魔物は事前の準備で退治できる!!

とまぁ終始緊張で終わったセッションですが嬉しかったこともいくつか。成功体験で伸びるタイプ。

  • 持ち時間ほぼピッタリで終えたこと。
  • ゆっくり話すことができた(と思う)。
  • Twitterやニコ生で「IntelliTestすげー」「使ってみよう」というコメントを頂いたこと。
  • 懇親会で美味しいモツ鍋とお酒を楽しめたこと。二次会も行きたかった。

人に対して話す以上、誰かの役に立てばいいなーという意識を持ちながら、これからも機会があれば勉強会で登壇したいと感じた一日でした。
ソフトボールしたい~って方は見つからないかな~~~。