読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つばろぐ

福岡のエンジニアによる技術的な備忘録です。

ChromeでMSDNが読みやすくなる拡張機能「Microsoft Website Locale Switcher」が便利だった

ツール C# VB.NET

MicrosoftのオンラインドキュメントであるMSDNをよく使用する人には便利だと思います。

MSDNのドキュメントは英語以外の言語に翻訳されて提供されています。
しかしGoogle検索などでMSDNに辿り着いた時に、英語版のページであるときがあります。

日本語版を見たいときはURLの「en-us」部分を「ja-jp」に書き換えれば、日本語に翻訳されたページに切り替わります。
この一手間を省くことができる拡張機能を見つけました。

chrome.google.com

Chromeに対応している拡張機能です。
この拡張機能をインストールした状態で英語版MSDNを参照すると、アドレスバー内に「en」というボタンが表示されます。

f:id:tech-tsubaki:20150329193250j:plain

このボタンをクリックするとURLが書き換えられて、日本語版のページに切り替わります。

f:id:tech-tsubaki:20150329193253j:plain


機能はこれだけですが、かゆいところに手が届く感じの良い拡張機能です。
Chromeを使っている.NET開発者の方は使っみてはいかがでしょう?
ちなみにAzureのドキュメントページでも問題なく動きました。

オプションで別の言語に変えられるようです。(ドイツ語やフランス語など)

f:id:tech-tsubaki:20150329193256j:plain

参考