読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つばろぐ

福岡のエンジニアによる技術的な備忘録です。

VMWare PlayerへのCentOSインストール手順

2013-02-22
画像が表示されていないため修正致しました。

インストールメディアのダウンロード

こちらから最新のCentOSをダウンロードします。
今回は「CentOS-6.3-i386-netinstall.iso」をダウンロードします。

仮想マシンの作成

  1. VMWare Playerを起動して「新規仮想マシンの作成」をクリックします。
  2. インストーラディスクイメージファイルに先程ダウンロードしたISOファイルを指定します。
    インストーラディスクイメージファイルの選択
  3. ゲストOSに「Linux」を選択し、バージョンは「Red Hat Enterprise Linux 6」を選択します。
    OS選択
  4. 仮想マシンには任意の名称を入力します。(今回は「mycentos」にします)
  5. ディスク容量には任意の値を設定ます。(今回は20GBにします)
  6. 「ハードウェアをカスタマイズ」をクリックし、ネットワークアダプタのネットワーク接続に「ブリッジ」を指定します。
    ネットワーク接続をブリッジに
  7. 「完了」をクリックして、仮想マシンの作成を終了します。

CentOSのセットアップ(1)

  1. 先程作成した「mycentos」を選択し、「仮想マシンの再生」をクリックします。
  2. インストール前にメディアをチェックしますか?と聞かれるので、「Skip」を押します。
    インストールメディアのチェック
  3. インストール中の言語として「Japanese」を選択して「OK」を押します。
    言語の選択
  4. キーボードの種類として「jp106」を選択して「OK」を押します。
    キーボードの選択
  5. インストール方法として「URL」を選択して「OK」を押します。
  6. 「Enable IPv4 support」にのみ「*」を付け「OK」を押します。
    TCP/IP設定
  7. URLに「http://ftp.riken.jp/Linux/centos/6/os/i386/」を入力し「OK」を押します。
    URLの入力

CentOSのセットアップ(2)

  1. CentOSのセットアップ画面が表示されるので「次」をクリックします。
    セットアップ開始
  2. 基本ストレージデバイスを選択し「次」をクリックします。
    基本ストレージデバイス
  3. ストレージデバイスの警告が表示された場合は「はい。含まれていません。~」をクリックします。
    警告
  4. ホスト名はそのままで「次」をクリックします。
  5. タイムゾーンは「アジア/東京」を選択し「次」をクリックします。
  6. rootパスワードには推測されにくい文字列を入力して「次」をクリックします。
    rootパスワード入力
  7. 「既存のLinuxシステムを入れ替える」を選択して「次」をクリックします。
    既存のLinuxシステムを入れ替える
  8. 「変更をディスクに書き込む」をクリックします。
    変更をディスクに書き込む
  9. 「Minimal」「今すぐカスタマイズ」を選択して「次」をクリックします。
    「Minimal」「今すぐカスタマイズ」
  10. カスタマイズ画面では以下の3つのみチェックします。
    ベースシステム:ベース
    言語:日本語のサポート
    開発:開発ツール
  11. 以降インストールが行われます。インストールが完了したら再起動を行なって下さい。

 

これでCentOSのインストールが完了します!