読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つばろぐ

福岡のエンジニアによる技術的な備忘録です。

.bashrc に引数付きの alias を定義する

ドットインストールでSASSの勉強をちょろっとやってます。
#03 自動で変換させてみよう」にて、編集したSASSファイルを自動でCSSファイルに変換するためには以下のコマンドを使用しています。

 

$ sass --watch SASSフォルダ:CSSフォルダ
>>> Sass is watching for changes. Press Ctrl-C to stop.

 

基本的には監視しっぱなしだと思いますが、監視を始める度にこのコマンドを入力するのも面倒だったので、aliasで縮めてみることにしました。

引数付きのaliasを定義するには関数を使用すると楽です。
今回は「sass_auto」というaliasを定義してみます。

 

$ vim ~/.bashrc

function sass_auto() {
    sass --style expanded --watch $1:$2
}

$ source ~/.bashrc

 

aliasの引数は「$1」「$2」と順番に表現します。
なお、sassコマンドのstyleオプションは変換後のCSSファイルの体裁を整えるオプションです。

 

定義したsass_autoコマンドを実行すると以下のようになります。

 

sass_auto scss css
>>> Sass is watching for changes. Press Ctrl-C to stop.
>>> Change detected to: /path/to/scss.scss
  overwrite path/to/css.css

 

少しだけSASSを触ってみましたが中々便利そうですね。